青汁の選び方初心者ガイド

トップページ
<継続的に青汁を飲むことが大事です>
青汁は、健康な身体を維持するために、良いと思っている人が多いと思います。青汁は、野菜を搾って凝縮させたものですので、野菜の栄養素はふんだんに含まれています。 青汁の原料は、さまざまで、ケールや大麦若葉など、あらゆるものがあるのですが、原料によっては、飲みにくいものもありますし、目的によって、原料を選ぶ必要もあります。 身体を健康的な状態にするために、継続的に青汁を飲むことが必要なのです。健康食品ですので、食前食後などの飲むタイミングを問われることもありませんが、過剰摂取は控え、各メーカーが提示している1日の目安を守って"継続する"ことを大切にしましょう。

 極の青汁
栄養はもちろん、おいしさにとことんこだわったサントリーの青汁。今なら10%増量中!
煎茶と抹茶がブレンドされた、毎日飲みたくなるおいしさ!
野菜のちからを引き出すポリフェノール「ケルセチンプラス」が配合され、吸収力UP!
今なら10%増量&シェーカープレゼント!

厳選された国産素材は、強い「地力」に育まれた大麦若葉と、生命力がみなぎる明日葉。これらの野菜のちからを引き出すために、ポリフェノール「ケルセチンプラス」が配合されています。ポリフェノールは、植物が紫外線などから身を守るために持っている自然界の不思議なちから。このポリフェノールが、大地から授かった健康パワーを体にしっかり届けてくれるんです。また、おいしさにもとことんこだわられているのも嬉しいポイント。飲まなきゃ..ではなく、毎日飲みたくなるおいしさです。

極の青汁詳細

 えがおの青汁
「えがおの青汁」はおいしく野菜分を補えるスーパードリンク!
緑茶のような飲みやすさでごくごく飲める!
原料も国産のものを使っているので安心!
野菜嫌いの方、青汁に抵抗がある方もおいしく飲める!

えがおの青汁は、美味しく安心に飲んでいただくために、熊本県北東部の雄大な自然に溢れた地、阿蘇の大麦若葉を主成分としています。化学合成された農薬を使用していない大麦若葉は、葉の緑も非常に濃く、素材本来の甘みがギュッと凝縮されているのです。えがおの青汁で使用されている大麦若葉は、綺麗な水と澄んだ空気に恵まれた熊本・阿蘇の地で栽培されています。生産者の方々が、土作りから栽培にいたるまで、徹底的なこだわりの末に生まれた大麦若葉だからこそ、強い生命力に溢れているのです。

えがおの青汁詳細

 青大豆と乳酸菌のすっきり青汁
漢方専門店が提案する新感覚の「青汁」!
北海道産「青大豆」と和漢食材の組み合わせ!
お腹のことを考えて乳酸菌も配合!
宇治抹茶の上品な味わいで飲みやすい!

毎日の「食養生」に役立ていただける「Life Style Series」を健康の方にもお召し上がりいただけるよう、食養生の考え方も取り入れ、豆・野菜を中心に新しく考えだされました。食物繊維と乳酸菌のすっきりベストな組み合わせと、東洋健康思想を基に和漢食材を配合した、抹茶テイストのすっきり飲みやすい青汁を作りました。青大豆とクマ笹・霊芝・明日葉・桑の葉など、ニホンドウ漢方ブティックが考える東洋健康思想に基づいた和漢食材の組み合わせる事によりからだのバランスを考え、現代の社会に負けない強いからだを応援します。

青大豆と乳酸菌のすっきり青汁詳細


<青汁で期待できる働き>
青汁は、健康はもちろん、ダイエットなど美容を心がけている方にもオススメです。普段、不規則な生活をしていたり、野菜不足の方は、青汁を取り入れることでしなやかな生活を実感できると思います。基本的に青汁はカロリーも控えめですので、カロリー計算が必要な食事とは違い気軽に続けられますよね。食事のときに最初に青汁を飲むと、満腹感が得られ、余分に食事をすることを抑えられるのでオススメの飲み方です。

ただし、青汁には独特の味がありますので、飲めないような人もいると思います。しかし、青汁のタイプにもさまざまなモノがあります。基本的には、冷凍した青汁を溶かして飲む場合が多いのですが、粉末タイプのものもありますし、サプリメントタイプのものもあります。青汁を飲料として飲むことが難しいような場合には、サプリメントのタイプや、粉末のタイプを利用して、食事に混ぜるような方法もあります。継続的に利用することが必要ですので、ご自身の飲みやすいタイプを選択することが必要です。

また、野菜不足の子供たちも多いです。子供たちに野菜成分を摂取してもらうように青汁を飲ませることもよろしいです。子供は成長期に必要な栄養分を摂取して、健康的な身体を作ることが大切です。野菜を摂取させるとともに、補助食品として、青汁を飲ませるとよろしいと思います。また、妊婦の方も胎児のためとご自身の体調管理をするために、青汁を飲むとよろしいと思います。妊婦の方が青汁を飲めば、胎児にも必要な栄養分を与えることができるのです。ただし、成長期の子供や、妊娠中・授乳中という大切な時期は、利用を控えるよう注意しているメーカーもあります。(こういった重要な時期は、食事からの栄養摂取を大切に、という考えのようです。) また、アレルギーをお持ちの方や、常用薬を服用されている方は、念のため医師に相談してから利用するようにしましょう。

| 運営会社 |
Copyright(c) 青汁の選び方初心者ガイド 口コミ 評判 比較など. All right reserved.